Xoops2 RC3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

コンテンツ

会社情報

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 建築用語

目次


布基礎 【ぬのぎそ】
建物の壁面に沿って連続して設けられた帯状の基礎のこと。

断面が逆T字形になる。

「布」は、建築用語で水平に連続していることを意味する。

フーチング(基礎底盤)がつながっていることから「連続フーチング基礎」ともいう。

直接基礎の一種。

一戸建て住宅でもっとも普及している。

構造的には無筋コンクリートもあるが、鉄筋コンクリート造のほうが一般的。

ひび割れしにくく地震にも強い。軟弱地盤ではフーチングの幅を広げる。
バットレス【buttress】
壁の安定性を高めるため、適当な間隔で壁面から突出させた柱状や袖壁(そでかべ)状の部分。

扶壁(ふへき)。
ひかえ‐かべ〔ひかへ‐〕【控(え)壁】
壁の安定性を高めるため、適当な間隔で壁面から突出させた柱状や袖壁(そでかべ)状の部分。扶壁(ふへき)。
かさ‐あげ【嵩上げ】
基礎などを積み上げて、今までよりも高くすること。「―工事」
き‐そ【基礎】
建造物の荷重を支持し、地盤に伝える最下部の構造物。地形(じぎょう)・土台など。
ひきや【曳家・引家】
建築物を解体せずにそのまま水平移動させて、他の場所に移すこと。曳舞(ひきまい)。